鈴鹿サンデーロードレースNGK杯(最終戦)決勝

うーん、忙しすぎてもうすぐ一年経ってしまうな(笑)

 

決勝前にサーっと雨が降りました

スタート前にはほぼ止んでいる状態

 

路面は色が濃い状態で、このままならスリックだと見込んでそのまま走ることにしました。といっても、スペアタイヤが無いので交換もできないんですけどね。。。

 

サイティングラップが二周あるので、その間にピットインし、ピットスタートのマシンも数台いたようです

 

<決勝>

スタート良く飛出し、さらに一コーナーで一台抜き、これで二位

ポールスタートの松元選手は異様なペースでぐんぐんと前に行きます

さすがにこの路面であれはギャンブル過ぎるだろうと感じるので、自分はマイペースで走ります。

 

少しすると沖永選手が抜いていきました

彼は雨で非常に速いライダーです(もちろんドライもね)

彼が行けるなら自分もいけるだろうという想定のもと、追走を開始します

ただし、直後を走ったのではいざと言う時に共倒れになるので、1~2秒の間隔をあけて追走します

半分ぐらいがレースが消化されたころ、ダンロップぐらいからレッドクロスが出されました。やや雨が強まったようです。沖永選手は勢いを止めません。

が、スプーンでスリップダウン!それを見た自分はペースを落として進入し、事なきをえました

 

さらに次の周、デグナーで黄旗。なんと松元選手です

これでTOP

困りました、前には誰も居なくなったうえに、この雨です。スリックタイヤの自分はペースが全く分かりません!大幅にペースを落とさないと危険です

しばらくすると、スプーン進入で内山選手に抜かれました。明らかにスピード差があり、これはついていけません

タイヤを見るとやはりレインタイヤです

ということは、ピットスタートからここまで来たのか!

さらに走り続けると、また一台

これもレインタイヤです

このままずるずると順位を落とすのか?と思いながら必死に走ると

このままの順位でチェッカーを受けることができました!

これで3位表彰台です

終わってみれば、上位6位までの結果は自分だけスリックで、後はレインタイヤばかり・・・

コケなくてよかった(汗

 

さてチャンピオン争いは、残念ながら2位で終了です

松永選手の順位から逆算すると、優勝でも逆転できなかったのだから仕方ないですね

安定して強かった松永選手に完敗です

 

シーズン通して応援してくださったTYエステート様

ありがとうございました!

そしてウルトラソウルの皆さん、ありがとう!

皆さんがいてこそ走りがいがあるというものです

これでインターに上がり、次回走るステージがあるのか?走り続けられるのか?は、まだわかりませんが、また走る機会ができるようでしたらよろしくお願いいたします!