素人バイクレーサー岡本倫治のブログ

40過ぎてサーキット復帰したおっさんです。

≪防寒対策≫4

広告

追加の防寒対策雪です!

今回はバイクの方ではなく、

身体の方の装備グッド(上向き矢印)

新たに購入したのがこちら↓

hit air:ヒットエアー/Bライナー

ヒットエアー/Bライナー

以前に紹介した↓私が着用しているエアバッグジャケットを作っているメーカーさんからリリースされている

≪以前の日記≫

http://rinjiokmt.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=HIT-AIR&vs=http%3A%2F%2Frinjiokmt.seesaa.net%2F&fr=sb-sesa&ei=Shift_JIS

インナーウェアをしっかりするところが基本なのだが、

アウター側もしっかりしないと熱が逃げてしまう。

インナーで熱の膜をしっかり作り、

アウター側でその熱が逃げないようにするわけだ。

今回のBライナーは

その中間に位置するものと言えようexclamation

まず条件として

1、風を通さないこと

2、蒸れないこと

3、熱を逃がさないこと

4、防水であること

となるひらめき

バイクの寒さと同じシチュエーションといえば

スキースキーやスノボを思い出す

ただしスキーやスノボは思い切り身体を動かしているので、

高速道路を走行するバイクよりは身体が温まるし、

スピードが比較にならないので、

風で熱を持っていかれる割合はバイクの方が高い。

そう,,,バイクの方が暖かいところを走っていても寒くなるのだ牡羊座

こちらのBライナー

上記の条件と合わせ

なんといっても安いのが魅力的るんるん

この手のものは大体バイク用というだけで(?)

簡単に「1諭吉」を超えてしまう爆弾

さっそく着用して走ってみたが、

なかなかよろしいグッド(上向き矢印)

とにかく熱が逃げていく感覚がほとんどなかった。

ただしインナー側をしっかりしていないと恐らく効果は薄いと思う。

これで現状寒く感じるところは

「手の甲」と「顔」

となった。。。

「顔」??

と思ったかもしれない

そう「顔」なんです。。。

ヘルメットで渦巻く風がチンガードを乗り越えて顔にわずかに吹きつけてくるわけだ。

このおかげでほっぺたが凍ってしまいそうに冷たく感じる。

ま、我慢できる範疇だから

一応対策を考えておく程度にしておこう

さて、Bライナーの着心地だが

チャックの外側をベルクロで止めるようになっていて

しかも折り返しがついているので、

雨風が入らないようになっている

暖かい季節のレインガードにも使えそうだ

外側にポケットはなく、内ポケット一つあるだけだ

これはさほど不便には感じない

袖口がゴムになっているのだが、

締め付けて調整できるようにはなっていない。

唯一直して欲しいところはこれぐらいだろうか

しかし、基本的にインナーを着てさらにアウターも着用する前提なので

ここから風が入ってくることはなかった。

トータルでコストパフォーマンスに優れているため

これはお勧めだと思う手(チョキ)