素人バイクレーサー岡本倫治のブログ

40過ぎてサーキット復帰したおっさんです。

協賛スポンサー募集中!

詳細はページ最下部をご覧ください!

ETC取り付け

広告

そもそもはBIKEのブログですが

今回は車の話題です。

今、国会の予算委員会

高速料金の大幅割引の話が出てますが、

地方高速料金が一律1,000円になるとかなんとか・・・

よく調べると都市近郊の高速を利用すると、

別計算で加算されるらしいのでなんだかうまくだまされてる感じがしないでもない。

ま、政治屋さんたちへの不平不満はさておき、

現状でも、ETCが付いているのとそうでないのでは、

かなり違いが出てくる。

実はブログで紹介していなかったが、

ZX-10RにはすでにETCが付いている(後で報告しますぅ)。。。

しかし、補助金を使ってもやはり割高感は否めない

さて車の場合もなんだかんだで1万だ2万だとかかってしまうのが現状のようだ。

ところがexclamation×2

手間さえ惜しまなければ、

格安でETC導入も可能ですグッド(上向き矢印)

まずは機種選びから目

私がチョイスしたのは

デンソー(DENSO)製 DIU-3600 という機種。

アンテナ受光部が別体式で、「カードが・・・です」といった余計なアナウンスをしないタイプだ

市場での平均的な価格は知らないが、

こちらを5,600円にて購入♪

送料を加えて6,000円ちょっとだ。

そして取り付けのための小道具は

写真を取り忘れたが、

通電確認用のテスターと、電気を取り出すための部品少々

合計で7~8千円程度しかかかっていない

まずは受光部の取り付け

CIMG0379.JPG

付属の両面テープで貼り付けるだけだ

そして天井の内張りの裏側に配線を通す。

この内張りは指を突っ込むだけで十分。

そしてAピラーの裏側に通し・・・

CIMG0380.JPG

ここは若干硬い。

マイナスドライバーなどで隙間を開くことができるが跡がついてしまうので、

できればカー用品店などで売ってる内張りはがしを使ったほうがいいかも

本来はここは完全に外してしまって、

内側に固定するのが正しいのだが

自家取り付けだし、特に問題が出る場所ではないので

突っ込んでおしまいにした♪

さらにモールの内側に突っ込み

CIMG0381.JPG

これで受光部からの配線は裏側へ通る

CIMG0385.JPG

本体はハンドル下にスペースがあったのでそちらに取り付け

そして電源の取り出しだが、

今は便利なものが販売されている。

ヒューズBOXから直接電源を取り出してしまうのだ。

なるほど、これならどの線がどれなのか迷わなくても

BOXに書いてある晴れ

取り付け説明書の指示通りに

常時電源とACC電源から電源を取り出す

CIMG0382.JPG

常時電源は、キーが回っていなくても点くところだ

私の場合はSTOPランプから取った。

ACC電源は、BOXにそのまま書いてあるのでわかりやすい。

最後にアースをとるのだが(またしても写真をわすれた!)

これは金属部分がむき出しのボルトに共締めするだけでOK

ただし塗装部分はNG

これで動作確認をしたが、

まったく問題なしひらめき

作業時間はざっと1時間半ぐらいかな?

さすがに初めてゲートを通過するときは

ちょっとだけドキドキ揺れるハートしたけど

普通に反応してくれるだけでなんだか達成感があるぴかぴか(新しい)(笑)

あ、ETCカードを作るのを忘れないようにるんるん

協賛スポンサー募集中!

個人、法人を問いません。夢を追うおっさん、岡本倫治にご協賛いただける方を募集しています。このブログでは、素人がいかにして恵まれたライダーに立ち向かうかを綴って行きます
2016年度の鈴鹿サンデーロードレース、及び4時間耐久ロードレースへの出場を計画しています。
皆様のご芳志をお寄せいただければ強力なサポートとなります。

個人スポンサー:1口5000円 中口10000円 法人スポンサー:お問い合わせください
ゆうちょ銀行 七〇八支店 普通 1279937 オカモト ミチハル
⇒お問い合わせはこちらから

ご協力いただいた方はお名前(ニックネーム・サイトURLも可) をご紹介させてください。
またステッカー貼り付けやレースレポートの送付も予定しております。

よろしくお願いいたします!