素人バイクレーサー岡本倫治のブログ

40過ぎてサーキット復帰したおっさんです。

カスタム-≪ブレーキ:マスター&キャリパー≫Ⅲ-インプレッション

広告

先日装着した

NISSINキャスト4POTラジアルキャリパー

NISSINラジアルブレーキマスターシリンダーφ17

CIMG1026.jpg

CIMG1027.jpg

これらはZZR1400に装着されているものを

Wダイレクトホースにしたものです

※ホースはノーマル

※ローターはZX-10Rで使っていたものをそのまま使用

※パッドもZZRのノーマル

整備の際にパッドの面取りと

走行の際に若干の当たり付けをしたぐらい

先日それなりに使い込んだので

幾分インプレッションもできそうです

使い込んだといっても

サーキットではなかったので

ウルトラハードな使い方ではありませんが・・・

まず静止状態で握った感触は先日話したとおり

かなりカッチリした感じで

もう少し柔らかくてもいいかなと思った

さて静止状態と走り出した状態では

かなり印象が変わることが多いが

実際どうだったでしょう?

レバーのアジャスターが6段階あるのだが

こんなもんかなー?

と初期設定にしたのが4段

しかし走り始めると遠いことに気がつき

最も近い6段へ・・・

それでも自分が最も好みとするポジションより

若干だけ遠いセットになった!

街乗りの印象では、

特に大きく変わらないが

レバー入力の感触はやはり違う

ガツンと効く事もなくニュートラルな感触

しかしフィーリングはしっかりしている

効きそのものが大きく変わったとは思えないが

かなり好印象だ

自分は人差し指1本がけのブレーキをするが

もしかしたら

二本がけとかにすると利き過ぎるかもしれない

タイヤの状態や路面が悪かったりすると

いわゆるパニックブレーキとか

雨のブレーキで握りゴケの可能性があるともいえる

タイヤの性能がよければかなり安心のブレーキといえそうだ

そして先日かなりスプードが乗るタイプの峠サーキットを

かる~くアタック♪

数本走ってみたが、

フェードする気配がないexclamation

そしてこのときも

人差し指一本がけで最後まで走れてしまった

いつもであれば、

数本走るとレバーが中に入ってきてしまって

二本がけに変更せざるを得ないのだが

終始安定していた

もっと沢山走りこめば違ってくる可能性はもちろんあるが

期待以上の出来でカスタムした甲斐がとってもあったと言えるるんるん

操作そのものには特に印象はない

というとがっくりくるかもしれないが

それだけ自然な操作感だったということで

ライディングに集中できるという点ではかなり評価できるのではないだろうか

サーキットを走った際にこれぐらい安定してくれれば

文句なしだなぴかぴか(新しい)