素人バイクレーサー岡本倫治のブログ

40過ぎてサーキット復帰したおっさんです。

トランポ<NOAH>-5

広告

ここ最近アクセスがコンスタントに高い数字をキープしてるので

更新が滞るとなんだかプレッシャーだな(笑)

ま、それでも相変わらずマイペースで続けて行くつもりです手(チョキ)

よろしくお願いしますグッド(上向き矢印)

トランポでバイクをタイダウンする時に

バイク側はもちろんのこと

トランポ側でもどこをフックすべきか非常に悩むと思う

だいたい候補に挙がるのが

1、シートを留めているボルト

2、シートベルトの根っこ部分

3、穴あけ後フックを取り付け

こんなところになるのとかな思う

私もNOAHを手にしてから車の中に座り込み(笑)

あちこち眺めながら考えた・・・

3、はなるべく避けたい方法なので却下

1、はチャンネルなどを噛ませてそこにタイダウンすることになるが

位置的にマシンに近すぎて、左右の動きに弱い気がするため

どうにも納得できないでいた

2、シートベルトは通常車内の一番外側の下にあるので、これを利用できればBESTだ

しかしこのシートベルトのボルト・・・・・・

特殊なボルトなのだ1.25ピッチの11mmしかもヘッド付近は円柱になるという

ホームセンターではお目にかかれないタイプなのだ

この円柱部のおかげで、チャンネルが使えない

諦めかけたのだが、

しばらくこの部分を眺めながら

目に見えない完成図をビジュアライズしてみる♪

・・・・・・

exclamation・・・・・・ひらめきました ぴかぴか(新しい)ひらめき (笑)

こうすればいいのだるんるん

CIMG1564.JPG

2本のカラビナにリングを通してそこにフックをかけるダッシュ(走り出すさま)

なんて素晴らしいんでしょうグッド(上向き矢印)

無加工でかなり安くタイダウン可能になりました

シートベルトは私たちが考えるよりも相当頑丈にできているはず

巨漢の人が事故った時に、シートベルトが「ぷっちん」してしまったら大変なことになるわけだから

当然それなりの強度を確保し

余裕を持たせてあるはずだ

CIMG1563.JPG

トランポネタがもうちょっと続くかもですが

お付き合いください(笑)

もうそろそろサーキットでも走り始めますヨ