読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素人バイクレーサー岡本倫治のブログ

40過ぎてサーキット復帰したおっさんです。

協賛スポンサー募集中!

詳細はページ最下部をご覧ください!

愛車が盗難・・・

広告

にあう夢を見ました(笑)

すみませんダッシュ(走り出すさま)

あれって最初は、あ然とするもんなんですね

そして夢の中ながら相当ショックを受けたのを思い出します

ツーリング仲間と一緒に一泊して

宿から出てきたらバイクが無い!!!??

「ん~と、どっか他に停めたっけな??」

とか、どこか認めたくない自分がいる

バイクのあった場所に切断されたロックが落ちていたのを見て盗難確定!

というシチュエーションで目が覚めました

起きてすぐにふすまを開けて確認したのは言うまでもありません(笑)

(バイク保管してある部屋の隣が寝室になってるw)

今はココロを通わせられるものがバイクしかない私はバイクまで奪われたら生きていけません!

それはちょっと言い過ぎですが~♪

と、ここまできて本当は違う話しを綴るつもりでしたが

ちょっと思い出した話しがあるので紹介してみようかと・・・

この写真は見たことがある人も多いかもしれないし

すでに大きなサイトでは紹介されているかもしれない

どこかで拾ったのだが原文のまま紹介します

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今年3月11日に大地震津波が日本を飲み込んだ直後、1枚の写真が世界の人々の胸を締め付けた。ある若い女性が、がれきの山となった村で、地震で寸断されたアスファルト道路の端に座り込んで泣いている写真だった。

横に赤い長靴を並べ、裸足のまま座っていた姿が印象的だった。しかし、当時この写真を撮影したAP通信の写真記者も、女性があまりにも悲しそうに泣いていたため、名前すら聞けなかったという。

cda35f21.jpg

英紙デイリー・メールは5日、「写真の主人公は宮城県名取市の人口7000人が暮らす小さな集落、閖上地区に住むイトウ・アカネさん(28)だ」と報じた。イトウさんは飲食店で働きながら、恋人と共に、恋人の母親の家で暮らしていた。地震が発生したときは家にいた。激しい揺れと共に、水道や電気が途絶えたが大きな被害はなかった。

水や乾電池を購入しようと、恋人の母親と共に車でスーパーに向かったが、その時点では二度と家に帰ることができないとは想像していなかった。家を出るとき、飼っていた13匹の犬が「キャンキャン」と吠えていたため「大丈夫だよ」と言ってなだめた。

家に戻ったのは、それから2日後だった。門があるはずの場所には倒れた建物の残骸だけが散らばっていた。イトウさんは地域文化センターで避難所生活を送る中「このまま愛する犬たちをあきらめられない」と思い掲示板を見て歩き、犬を探すチラシを張り出した。

そんな中、まさかと思っていたことが現実となった。6歳のラブラドール「メイ」が見つかったのだ。そして2番目の奇跡は、SNSによってもたらされた。ある女性が、本来の家から5キロほど離れた場所で茶色い毛のプードル「モモ」を発見し、近所の愛犬センターに届けたところ、愛犬センターのオーナーがSNSに掲載されていたイトウさんの書き込みを見て連絡をくれたのだ。

イトウさんは現在、避難所でこの2匹の愛犬と暮らしながら残り11匹の行方を探し続けている。

885e959f.jpg

※(少し前の話しなので状況が変わってるかもしれないです)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分は最初の写真の方は見たことがあって知っており

二枚目の写真も見たことがあったのだが

それが同一人物でありこういう出来事があったということは知らなかった

ペットはその人にとっては家族同然ですからね

(時々溺愛しすぎで明らかにおかしい人もいますが・・・)

<311を忘れるな>です

協賛スポンサー募集中!

個人、法人を問いません。夢を追うおっさん、岡本倫治にご協賛いただける方を募集しています。このブログでは、素人がいかにして恵まれたライダーに立ち向かうかを綴って行きます
2016年度の鈴鹿サンデーロードレース、及び4時間耐久ロードレースへの出場を計画しています。
皆様のご芳志をお寄せいただければ強力なサポートとなります。

個人スポンサー:1口5000円 中口10000円 法人スポンサー:お問い合わせください
ゆうちょ銀行 七〇八支店 普通 1279937 オカモト ミチハル
⇒お問い合わせはこちらから

ご協力いただいた方はお名前(ニックネーム・サイトURLも可) をご紹介させてください。
またステッカー貼り付けやレースレポートの送付も予定しております。

よろしくお願いいたします!