素人バイクレーサー岡本倫治のブログ

40過ぎてサーキット復帰したおっさんです。

FUN&RUN 準備 ~ チェーン交換

広告

いよいよ来週になりました

FUN&RUNフルコーススペシャル!

最後の休日を利用して

マシンを可能なかぎり仕上げてしまいたい

今月はずっと夜勤なので

夜な夜な作業を続けるているのです・・・夜

なんだか今回は応援も多数やってくるので

みっともない走りができない(笑)あせあせ(飛び散る汗)

しかもOPENの方を見に来るので

多少なりともJSBに近づけるマシンにしておかないといけないのだ

(カテゴリの違いなんて見かけだけではわからないもんな・・・)

今回のマシンテーマは「マシンホールド性(操作性)UP」と「フリクションロス軽減」です

第一弾として今回とりかかったのはチェーンの交換

使用したのはこちら

RK /スーパーシルバーGPシリーズ(GP530UW-R)チェーン

RK /スーパーシルバーGPシリーズ(GP530UW-R)

DIDを探していたのだが、たまたまRKのこのレーシングチェーンが安かったので迷わず選択るんるん

これまではチェーンもノーマルを使っていたのだがw

鈴鹿に合わせてスプロケを1丁大きくしたのでリアホイールがかなり前寄りになってしまっていたのだ

(それにスタンダードのままではパーワーロスも大きいのではないかと・・・)

CIMG3379.JPG

そこで今回は120リンクを購入

CIMG3366.JPG

以下チェーン交換の簡単な手順です

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まずどこでもいいのでピンの頭を削ります

CIMG3380.JPG

<片手は撮影しているので命がけです>

このぐらい削ればOK

CIMG3381.JPG

専用工具を使ってピンを押し出します(工具によって使い方が違いますので写真は雰囲気で・・・)

CIMG3382.JPG

ここであわてて古いチェーンを引きぬいてしまわないように注意!

新しいチェーンを入れるのが困難になってしまいます

このように新しいチェーンを仮止めでつなげて一周させることで装着します

CIMG3383.JPG

120リンクではさすがに余ってしまうので、現物と合わせてちょうどいいところで切断しておきます

やり方は上記と同じです

CIMG3384.JPG

写真を撮り忘れましたが

リンクを装着していきます

奥側からチェーンの端同士をつなげ

手前にプレートを装着します(Oリングを入れるのを忘れないように)

まずプレートを押しこんでいきます

CIMG3385.JPG

押し込み過ぎると固着してしまい、リンクを再購入するはめになるので注意が必要です

最後にピンの頭を潰します

CIMG3386.JPG

こちらも調子に乗って締めこんでいくと固着してしまいます

CIMG3387.JPG

仕上がりましたグッド(上向き矢印)

リアホイールの位置も適正な位置に落ち着きました

うーむ

なんだか走ってくれそうだぜダッシュ(走り出すさま)

ほとんど思い込みだけどね(笑)

さてこれで終わりではありません

ZX-10Rの時にも紹介した気がしますが

タイヤのセンター出しが必要です

スイングアームの目盛はあまりあてにならないので目視をします

左右のフロントタイヤとリアタイヤの見え方が一緒になればOK

CIMG3388.JPG

CIMG3390.JPG

これをチェーンの遊びと見ながらやらなければならないので

若干根気が必要です

チェーンの遊びといえば、

皆さんどのぐらいにしてますかねぇ?

私はこのぐらいです

CIMG3391.JPG

多分普通の人からみたらダルダルなぐらいかもしれませんが

私はチェーンが一番伸びるところでちょうどいいように調整します(写真ぐらい)

レースをやってる人でも結構遊びが少ない人もいますから好みなのかもしれませんが

一般的には緩めだとエンジンブレーキが効きづらくなると言われていますし

(他に外れたりうるさくなる等)

逆に張り過ぎだとパワーを食われてしまうか、サスの動きを制限してしまうという傾向にあります

自分の一番フィーリングのいいところを探しましょう