読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素人バイクレーサー岡本倫治のブログ

40過ぎてサーキット復帰したおっさんです。

協賛スポンサー募集中!

詳細はページ最下部をご覧ください!

「勝手にライディング講座」バイク道23≪実力を発揮する≫

広告

本番に弱い人がいる

最近では日本人も強くなってきたが

日本では抜群の実力を発揮するのに、

世界の舞台に出たとたんに実力を発揮できないアスリートを昔よく見かけたものだ

陸上競技の短距離などだと本当に一瞬で終わってしまうため、やり直しがきかない

なぜだか考えてみたことがあるだろうか?

私は以下のように分析している

原因1■勝利に対する執着心が弱い~~~~~~~~

心のどこかに「勝てたらいいな」があるのだ

私個人の考えとして、熱狂的に勝利に執着するようなことは、

<人間としての正常な働き>を狂わせるので賛成ではないのだが・・・

それでも競技としてやる以上、真剣に勝ち(人によってはタイムだったり)を狙いに行かなくては面白みが半減する

特に実力がほぼイーブンの他の競技者とのガチバトルだったりすると、この傾向が顕著に現れる

世界GPに出場していた、とても速い、ある日本人ライダーを思い出す

彼は何年も出場した中で一度も優勝することができなかった

のちのインタビューで、彼は勝利に対する欲求が弱かったことを認めている

対してノリックはわかり易いほど勝利への意欲が強かった(笑)

原因2■練習と本番を分けて考えている~~~~~~~~

本番を想定した練習をしていない

例えば、、、

あなたがボーリングをするとしよう

ある程度の腕前があるならば、レーンに残っている1ピンをあなたは9割以上の確率で倒せるはずだ

だが全く同じ状況で1万人の観衆があなたの競技を見守っていたとしたらどうだろう?

TVの画面であなたを見ている人々を勘定に加えたら、13万5千人だ

想像してほしい

26万の瞳があなたを見つめているw

あなたは9割以上の確率で外すのではないだろうか?

しかし、プロはそういう世界で戦っている

まぁ、それでも大観衆という存在には回数を重ねれば慣れてくるのだろうが

そういう状況を想定した練習をしていないことは大きなビハインドになりえる

プロゴルファーなら大観衆の前で優勝を決める2mのパットをイメージしながら練習をしなければならない

原因3■戦う相手をイメージした練習をしていない~~~~~~~~~

レースの場合で言えば、予選タイムアタックと決勝レースは別物だ

速いライダーが勝てるかというとそうでもない

特にタイムが非常に接近したライダー同士だと前走者を抜くのは非常に困難になる

「タイムを出す」のと「抜く」のは、かなりジャンルが異なったスキルと言ってもいいと思う

周回遅れを処理するのも同じスキルが要求される

多くの場合、前走者を見てしまうことに原因があるように思う

前のバイクを見るとそのペースになってしまう

前のバイクは視界に入っており、もちろんその動きも感じ取れるが

私の視線はコースに向けていなければならない

前走者を透視して、その前のこれから自分が走るラインを見ていなくてはならない

そのラインはどこかで前走者とクロスしている

同じラインを走っていたら、いつまでもケツを拝み続けることになる

一般道を走る場合などでも、この応用が効くはずだ

ゲレンデなどで他の人が沢山いるような状況でも同じだと思う

視界にはそれぞれ我が道を行く人々が行き交う

そこには何か「流れ」のようなものがあり、それはある程度感じ取れるはず

そしてもし流れを引き裂く何かがあれば、その<臭い>があるはず

危険はある程度感じ取れるものだと思う

ただし、意識を全体に拡散させていなくてはならない

分散ではなく、拡散だ

目に見えない大きな手で、目に映る景色全体を撫で続けるようなそんな感覚といえばいいだろうか?

もちろんそんな意識状態は常にキープできるわけではないし、ある程度訓練が必要だと思う

ときどきそういう状態を生み出しながら運転するといいかもしれない

でないと、脳の中は日常の連想劇場に主導権を奪われて、

たちまち夢遊病のように運転する状態に陥ってしまう

街中を運転するときは特にそうだ

協賛スポンサー募集中!

個人、法人を問いません。夢を追うおっさん、岡本倫治にご協賛いただける方を募集しています。このブログでは、素人がいかにして恵まれたライダーに立ち向かうかを綴って行きます
2016年度の鈴鹿サンデーロードレース、及び4時間耐久ロードレースへの出場を計画しています。
皆様のご芳志をお寄せいただければ強力なサポートとなります。

個人スポンサー:1口5000円 中口10000円 法人スポンサー:お問い合わせください
ゆうちょ銀行 七〇八支店 普通 1279937 オカモト ミチハル
⇒お問い合わせはこちらから

ご協力いただいた方はお名前(ニックネーム・サイトURLも可) をご紹介させてください。
またステッカー貼り付けやレースレポートの送付も予定しております。

よろしくお願いいたします!