素人バイクレーサー岡本倫治のブログ

40過ぎてサーキット復帰したおっさんです。

GSFリフレッシュ-3

広告

気になる部分から手をつけていくのだが、やはり見た目が気に入らないとよろしくない

というわけで、速さとはほとんど関係がないですが

今回の作業はフェンダーレス化です

ノーマルはこんなで

GSF1200 034.jpg

かっこ悪いわけではないが、ちょっとやぼったい

まず計画を立てるわけだが

私の場合、サーキットと公道を交互に走ることになりかねないので

取り外しや取り付けがスムーズであることが優先される

そこで以前から注目していたこの商品が活躍する

ACTIVE アクティブ/LEDウインカー ライセンスホルダー付き

ACTIVE アクティブ/LEDウインカー ライセンスホルダー付き

これはライセンスホルダーとウインカーの一体型パーツであるので

付けたり外したりするときもウィンカーとライセンスが同時に外せるし

リアウインカーに関する法規制をすべてクリアしているというなかなかのすぐれもの

そしてなによりすっきりしていてよろしい!

これが内容物

DSC_0194.JPG

若干配線が面倒かもw

そして忘れてはならないのがこれ

DSC_0199.JPG

リフレクターは必ず付いていなければならない

これを両面テープで固定して・・・

DSC_0200.JPG

配線をまとめる

DSC_0204.JPG

といってもここまでえらく時間がかかっています(汗)

フェンダーは、ボルトというボルトを全部外すと下からごっそり外れます

DSC_0202.JPG

私はここでカットし、上で作成したキットはこのように取り付けます

DSC_0205.JPG

ちょっとわかりづらいかな・・・?

写真を撮り忘れましたが、ナンバー灯も必要です

ナンバーの上辺を見るとLEDが付いてるのわかります?

横に照らすタイプのLEDがあるんですね、これを利用しました

amon エーモン/サイドビューテープLED白15cm

amon エーモン/サイドビューテープLED白15cm

そしてカットした部分はアクリル板でこうやって塞ぎ、タイラップで固定

DSC_0206.JPG

あ、そうそう、ETCですが

ここに受光部があっても全然問題ないです(笑)

そりゃそうだよね、100km/hで走ってる車の電波を拾う性能があるんだから

細か~~~~く角度だのなんだのって言ってるのは、業界が工賃を取れるように仕組まれているに違いない

発売当初はバイク用がほぼ一企業独占だったのも怪しさ満点である(今は他社も出したのかな??)

話が逸れたが、ウィンカーをLEDにすることにより

抵抗が少なくなるため、ハイフラッシャーになってしまうのだが

このパーツには抵抗もセットになっている

それでも、相性なのか若干のハイフラ気味…(1分間に100回ぐらい?)

暗くなってようやく完成!!!

ずいぶんスッキリしたんじゃね?

DSC_0207.JPG

ライトとウィンカーを点灯してみる

DSC_0208.JPG

うわっ、ド派手やな。はずかしっwwwwww