素人バイクレーサー岡本倫治のブログ

40過ぎてサーキット復帰したおっさんです。

高野龍神スカイライン

広告

酷暑が始まってからというもの、GSFのエンジンがかからなくなっていた

あまりの暑さにセッティングが狂っているせいだと思い

エアスクリューを調整してみたりするのだが、どうにもエンジンがかかる気配がない

ふと思い立ってプラグを外して着火具合を見てみると、全く着火していないあせあせ(飛び散る汗)

GSFはノーマルで8番のプラグを使っているのだが、プラグが真っ黒だ・・・

乗らない時でも時々エンジンをかけていたのだが、それで完全にくすぶってしまったか?

(ちなみにサーキットでは10番を使用するようにしている)

4気筒分のプラグを交換してセルを回すと一発始動w

なんだそんなことだったのか(笑)

雨の後少し涼しくなったのと、休みが重なったので久々に走りに行ってみることにした

行先は高野龍神スカイライン

ここは最近なにやら物騒なウワサがあり(2輪通行止め)、今のうちに走っておかなきゃというのもあった

伊豆もそうだが、走りをわきまえないアホな連中が多すぎるのだ

どうして自分のテクニック以上のことを危険を冒してまで公道でやるのか?

公道での転倒はかなりリスキー、絶対に転んではいけない

ここのスカイラインは携帯の電波が通じず、かなり山奥なので救急車も到着が遅い

重症の場合はドクターヘリも出動すると聞いたことがある

最近では取締りが厳しく、上空をヘリで追跡することもあるようだ

ライダーは走る場所を失いたくなかったら、少なくとも事故を起こしてはいけない

久々のGSFはブレーキディスクが変更されていたっけ

いきなりブレーキがきかないw

そうそう、パッドとのあたりがまだ出てないからね

あたりは数回のブレーキでだいたいつく

面白いもので、ディスクがかわるだけで、タッチが変わる

ぐにゃっとした感触が減り、ややタッチが固くなった

ホースをメッシュに替えた時のような感触の変化がある

握りしろが変わったので、少々熱が入ってもグリップに近くなることはなさそうだ

パッドはノーマルのままなので、無駄にガツンと効くことがない

握りこめばもちろん効いてくれる。これはコントローラブル

鯉にエサあげて遊んでね→→→

TMRを装着した状態で龍神に上がるのもそういえば初めてだ

ノーマルキャブのクリーナー外しだと、気圧が下がるにつれてぐずってしまったが、最後まできれいに回ってくれた

さすがのキャブだね、思ったよりキャパが広い

IMG_0802.JPG

交通量はかなり少なく、快適な走りができました

この日は取締りもしてなかったですね。上空もヘリは飛んでいませんw

頂上のごまさんスカイタワーを境に道の雰囲気ががらりと変わります

大阪側は高原のハイスピードセクション、熊野側はやや勾配があるテクニカルセクション

自分は熊野側が好きですねー

スタンドがあるところまで下って、脇道の川辺で休憩し

折り返して一気に金剛峰寺まで走り切ります

IMG_0803.JPG

ここも結構標高が高いはずなのだが、午後の日が高い時間帯にはかなり暑くなっていた