素人バイクレーサー岡本倫治のブログ

40過ぎてサーキット復帰したおっさんです。

シート加工:GSF1200S

広告

GSFネタが続きますあせあせ(飛び散る汗)

私のGSFは、カウルやタンク、その他いろんなところにノーマル部品が残っています

シートもノーマルなので、ふかふかなのだ

当然レースで使用することを考えた場合、タイヤやサスからのフィードバックが吸収されてしまうし

身体からの荷重も吸収されてしまうため、タイムラグが発生する

そう、レーサーの場合、ある程度の方さが必要だ

まだシートカウルに着手するには資金が不足しているし、手をかける優先順位には来ていないので、自前加工に乗り出すことにしました

固いスポンジに変更するという方法もありますが、表皮を外すなどの手間を考えるとなかなか踏み出せなかった

考えに考えて、ある方法を思いつきます

発泡ウレタンというヤツです

車のドアなどにこれを仕込んで、剛性を上げるとかいう話も・・・

これならうまくいくかも・・・?

失敗覚悟でやってみるか

まずは裏をサンダーで切り抜きます

IMG_1248.JPG

手が入るぐらいの最低限の大きさです

そして中のスポンジをえぐり出します

幸い表面にはシートスポンジを貼ってあるので、型崩れしません

IMG_1243.JPG

そして空間に発泡ウレタンを充填します

IMG_1249.JPG

発泡ウレタンは1.5~2倍に膨らみますので注意が必要です

IMG_1250.JPG

・・・

・・・

もういいから!!!!

IMG_1251.JPG

ふぅ・・・

余った部分は硬化してくるので、削り取ります

難しいのは、中に空洞ができてしまう点だろうか

上の写真も中の空洞がウレタンを押し出してしまっていました

もう一度中に充填し、隙間を念のため予備で持っていた硬質スポンジで埋めてやりました

表面が乾いた後、ふたの部分のウレタンを削り取って、切り取ったふたをコーキングで固定して終了です

IMG_1261.JPG

一日たってシートを押してみたが、ガチガチに固くなっていました

成功です!