素人バイクレーサー岡本倫治のブログ

40過ぎてサーキット復帰したおっさんです。

協賛スポンサー募集中!

詳細はページ最下部をご覧ください!

鈴鹿4時間耐久ロードレース:③決勝・その1

広告

※頂いた写真多数あります!ありがとうございます!

4耐の朝は早い

8:30にはスタート進行が始まり、9時にはレーススタートだ

IMG_2035.JPG

IMG_1927.JPG

↑これは隣のチームねw (松田さんとこ)

この時の雰囲気って耐久独特ですごく好きだ

IMG_1929.JPG

スタート進行が始まると、サイティングラップを周ってグリッドに整列します

IMG_2042.JPG

こうしてあらためて見るとすごい位置だな・・・

IMG_2048.JPG

ざっと上位を見るとこんな感じ

1 56 Yamaha Racing Indonesia B

2 48 チーム・モトクラッシュ♪&エスポイント+テーラデザイン 

3 38 ライダーハウス宮島 

4 24 Yamaha Racing Indonesia A 

5 27 ASTRA Honda RACING TEAM 

6 124 Team A-PLAN+チーム モトクラッシュと走る闘魂店長 

7 106 B~Dash106&フレッシュペイント☆リトルウイング 

8 73 CLUB PLUS ONE 

9 75 SP忠男レーシングチーム 

10 1 Speed Heart TTS Racing Team 

わかりやすくいえば、YAMAHAインドネシアなんかはYAMAHAのワークスみたいなもんだし

しかもすぐ後ろのAチームには茨木 繁さんまでw

ASTRA Honda はいわばHONDAのワークス

そして言わずと知れたSP忠男をはじめ、周りは各カテゴリーのチャンピオン達がひしめいている

これはすごいことだ!

ちなみに私達のチームのペアライダーである宮島さんは、昔からFUN&RUNやテイストオブツクバ等で活躍しており

その速さには定評がある。有名人だと言っても差し支えないでしょう

それに対して私は単なる草レーサーにすぎないわけで、

そんなペアが予選3位に喰い込んだことで、「このおっさん誰?!」状態だったとも聞く(笑)

IMG_2044.JPG

IMG_2045.JPG

IMG_2046.JPG

IMG_2047.JPG

IMG_1933.JPG

このグリッドもいいんだよね〜〜〜

好位置にいることもあって、皆のテンションもとてもよい

皆の顔がイキイキしているのがよくわかるよw

そうこうしているうちにスタート時間になりました

IMG_1998.JPG

ルマン式スタートの10秒前からのカウントダウンがまた独特で、たまりません

隣の48号車が駆け寄りが早かったがエンジンかからず、宮島さんがTOPで1コーナーに向かうのが見えました

よし!順調!

ホールショットはとれなかったようですが、どこかで抜き返したようで、TOPを走行しています

ついていくって言ってたのに、話が違うじゃん(笑)

10448394_476010955835124_3904249817513798625_o.jpg

その後 #27 ASTRA HONDA と #56 YAMAHA Indonesia B が驚異的な速さで他を引き離していきます

私達は自分らのペースを守ります

宮島さんの第1スティントがまもなく終了。交代の時が来ました

と、ここで2位につけていた#56がなんとPITロードで転倒!

何が起きた??!

いやいや、自分たちの作業に集中です!

IMG_1949.JPG

IMG_1953.JPG

他チームより1行程多い私達は可能な限りロスを減らす努力をしました

完璧な作業で交代です。ほれぼれするぜ!!

私が走り始めて3周する頃に1時間が経過します

実はこの時知らなかったのですが、私達は3位グループ(実質2位グループ)にいました

このグループはTOPから23秒遅れで

約4秒以内に7台がひしめく接戦の最中にいたのです!

もうバックマーカーが出ているので、どれがどれだかわかりませんw

IMG_2012.JPG

知らぬ間にこのグループの前に出ており、実質の2位になっていました

無心で走っていると、ふと後ろからただならぬ気合を感じます(私はイアプラグをして走るので他車の音はあまり聞こえていません)

このレースでこの時に一度だけ振り返りましたが、すぐに目玉ヘルメットが見えました

やがて彼は抜いていきます

おーおー、すごいところで抜いていくなぁ

しかも所々ブラックマーク残しながら走っています

無理なバトルは禁物なので、じっくり無駄のないように追いかけ、バックマーカーを処理していきます

ストレート前のコーナーでうまくスピードを乗せ、抜くのは主としてストレート

何度も順位を入れ替えました

私が前に出てからも一切後ろを気にせず無心で走り、抜かれるのには抵抗しませんでした

しばらく私が前を走ったままで、気がつくと5秒程度いつのまにか引き離していたようです

IMG_2013.JPG

20周を消化し、いよいよPIT INのサインです

しんどい・・・とてもしんどい

あらかじめ練習走行で経験しておいたが、やはり最後はキツイね

タイヤを滑らせないように、しかし遅すぎないように、バックマーカーでロスしないように、上半身に余計な力が入らないように・・・

最初から最後まで一切の手抜きなしで走っているから、体力は最大限使います

背筋が張ってきました

ラストのスプーンコーナー

ここで問題が起こります・・・・つづく

協賛スポンサー募集中!

個人、法人を問いません。夢を追うおっさん、岡本倫治にご協賛いただける方を募集しています。このブログでは、素人がいかにして恵まれたライダーに立ち向かうかを綴って行きます
2016年度の鈴鹿サンデーロードレース、及び4時間耐久ロードレースへの出場を計画しています。
皆様のご芳志をお寄せいただければ強力なサポートとなります。

個人スポンサー:1口5000円 中口10000円 法人スポンサー:お問い合わせください
ゆうちょ銀行 七〇八支店 普通 1279937 オカモト ミチハル
⇒お問い合わせはこちらから

ご協力いただいた方はお名前(ニックネーム・サイトURLも可) をご紹介させてください。
またステッカー貼り付けやレースレポートの送付も予定しております。

よろしくお願いいたします!