素人バイクレーサー岡本倫治のブログ

40過ぎてサーキット復帰したおっさんです。

協賛スポンサー募集中!

詳細はページ最下部をご覧ください!

2015鈴鹿4時間耐久ロードレース参戦記-4(フリー走行・予選)

広告

レースウィークが始まる頃には、週末に台風の影響がありそうな予報もあり心配だったが、決勝日に影響がある心配は徐々になくなり、一安心。

 

しかし、特別スポーツ走行は雨となり、マシンへの影響やその他もろもろを考慮して走行は見送ることとした。

 

f:id:okamoto_michiharu:20150806213336j:plain

 

せっかく水曜日からサーキット入りしたのに、結局フリー走行しか最後のチャンスはなくなってしまい、木曜日は受付や車検などルーチンワークのみ・・・残念。

 

それでも、雨のおかげで涼しくて助かったけどね。

 

昨年の4耐決勝以来、このR6に乗ったのは、6月の50分走行枠スポーツ走行約一本半(汗

f:id:okamoto_michiharu:20150806213759j:plain

その時には一応ベストタイム付近は出たものの、乗り方に違和感感じまくりで、今回までにやってきたイメージの修正を確認したかったのだがねぇ・・・

 

 

<金曜日>フリー走行

フリー走行で走れる時間は2人で合わせても10周程度。自分の持ち時間は5周強。これで確認をしなければならない。

 

先に宮島さんが走り、マシンのチェック&自分の確認。

 

やや少なめの走行だが、19秒台に入れてきたため早々に帰ってきてくれた。これは私に1周でも多く走らせるための配慮だ。ありがたい。

 

噛みしめるように5〜6周をこなし、走行終了。タイムはさほどではないが、なんとか違和感の解消はできたようだ。

 

 

 

<金曜日>予選

今回は第1ライダーと第2ライダーを去年と入れ替えたため、私がスタートとゴールを担当することとなる。

 

まずは昼ごろに第2ライダーである宮島さんの予選だ。

f:id:okamoto_michiharu:20150806223957j:plain

開始早々に19秒台に入れるが、その後が伸びない。

 

タイムボードを見てもジリジリと順位が落ちていき、最終的に第2ライダー中7位のタイム。

 

耐久の予選はかなり厳しい。これは暑さのせいと、参加台数の多さによる。

 

リアラップを見つけることは奇跡に等しいし、タイムを序盤に出しそこねるとタイヤの良い頃合いが終わってしまうからだ。また、エンジンが熱ダレしていくことも要因と言えよう。(※追記:シフターが故障したそうだ)

 

 

そして日もかなり傾く頃の夕方、私の予選だ。

 

先頭でコースイン。これはクルーたちの努力の賜物であり、本当に感謝感謝である。

f:id:okamoto_michiharu:20150806223919j:plain

 

しかし、後からコースインする車両が一周目からバンバン抜いていくw

 

いつも思うのだが、1周目って計測してないんだし、タイヤ勿体無ないと思わないのかな?

 

第一、そんなに飛ばして行ったらタイムアタックの周に最後尾のライダーに追いついちゃうじゃんね?

 

私は自分のペースで1周目を周回し、前との間隔を2〜4秒程度キープ。2周めからアタックだ。

 

いいぞ、なかなかいいリズムだ。そして最終シケイン

 

案の定、前の集団は最後尾INのライダーに追いついて詰まっている。

 

私は開けておいた間隔を最大限に利用して突っ込む。

 

それでも最終コーナー立ち上がりでは完全に追いついてしまった。

 

タイムは19秒台(いくつだったか忘れたw)。早々にTOPタイムをマークしたようだ。

 

この時点で一旦アタックを中断。3周目はクリアを探す周回だ。危なくないように後方を確認しながら避けて走る。

 

かなり前を開けた状態でうまく最終コーナーまでやってきた。もう一度アタックだ。

 

1〜2コーナーもうまくクリアできた。そして3コーナー。

 

全力で走っているところで、いきなりインに入られた。

 

ゲ!!! なんだと?!

 

サンデーで3連勝中の中村選手だ。すげぇ!

 

というかこれは最高のシチュエーションだ。走りを見せてもらおうじゃないか。

 

S字を付いて回る。見事だ・・・低いフォーム。ラインに無駄がない。タイヤが路面によく吸い付いている。速い!デグ2までに1秒以上確実に離される。

 

ヘアピンで前走者に追いつき、アウトから強引に抜いていくのが見える。若干ロスしたせいで、少し近づいた。すごい抜き方だが、これはミニバイクやCBRカップなどの激戦で培ったものなのだろうか。

 

スプーンまでの区間のスピードのノリがすごい。減速は最小限で素晴らしいコーナーリングスピードで曲がっていく。減速ではなく殺速だな。

 

130R立ち上がりで再度前走者につまり、なんとか手が届くと言えそうな距離においたまま最終シケインへ。

 

立ち上がって、タイムは2′18秒367

 

自己ベストを1秒以上更新。ちなみに後になるまで知らなかったのだが、4耐は別途コースレコードがあるらしく、このタイムはST600Rの新レコードらしい。

 

いや、それよりも、こういうチャンスはなかなか無い。もう少し見てみたい!私は追走し続ける。

 

ハイスピードで進入したデグ1進入でリアがドリフトした。

 

ドドドドッとなったのだが、高速コーナーの進入でこの症状が出たらある意味限界付近のサインと言える。

 

ここで少しハッとなった。無理して転倒したら全て台無しだ。

 

ここでアタックを終了することにした。

 

中村選手の最終的なタイムは2′15秒441。自分より3秒も速いのか(笑)

 

1年真剣に走ればある程度は追いつけそうだが、いいもの見せてもらった。

 

他のライバルたちは予想通り17秒台に乗せてきたため、私の予選は6位。

f:id:okamoto_michiharu:20150806223829j:plain

しかし、ここからが耐久レースの面白い所。

 

公式予選総合は、二人の合計タイムで決まるので、私達の予選順位は・・・

f:id:okamoto_michiharu:20150806224228j:plain4位!となる。

 

去年は3位だったが、やはりグリッドが前の方がいいよね♪

 

さて決勝は晴れすぎて暑い戦いになりそうです。

協賛スポンサー募集中!

個人、法人を問いません。夢を追うおっさん、岡本倫治にご協賛いただける方を募集しています。このブログでは、素人がいかにして恵まれたライダーに立ち向かうかを綴って行きます
2016年度の鈴鹿サンデーロードレース、及び4時間耐久ロードレースへの出場を計画しています。
皆様のご芳志をお寄せいただければ強力なサポートとなります。

個人スポンサー:1口5000円 中口10000円 法人スポンサー:お問い合わせください
ゆうちょ銀行 七〇八支店 普通 1279937 オカモト ミチハル
⇒お問い合わせはこちらから

ご協力いただいた方はお名前(ニックネーム・サイトURLも可) をご紹介させてください。
またステッカー貼り付けやレースレポートの送付も予定しております。

よろしくお願いいたします!