素人バイクレーサー岡本倫治のブログ

40過ぎてサーキット復帰したおっさんです。

協賛スポンサー募集中!

詳細はページ最下部をご覧ください!

2015鈴鹿4時間耐久ロードレース参戦記-5(決勝①)

広告

決勝の朝は早い。

f:id:okamoto_michiharu:20150811215857j:plain

 

スタートは9:00ジャストだが、スタート前チェック(タイヤマーキング)やピットまでのマシンの搬入。そしてウォーミングアップラップ。

 

燃料の準備やらタイヤウォーマー等はじめ、自分たちのドリンクやライダーの装備まで、クルーの仕事は枚挙に暇がない。

 

さすがに3年目だけあって、皆動きに無駄がない。確認作業は怠らないが、安心して見ていられる。

f:id:okamoto_michiharu:20150811220526j:plain

 

f:id:okamoto_michiharu:20150814220859j:plain

皆、士気が高い。ライダーは走りで応えなきゃな・・・

 

 

f:id:okamoto_michiharu:20150811215947j:plain

 

f:id:okamoto_michiharu:20150811221458j:plain

 

今年は私が第1ライダーを担当。全部で5スティントに分割し、私が担当するのは1,3,5のスティント。

 

クラス別の優勝は絶対的な目標。総合も表彰台を狙う。優勝は厳しい目標ではあるが、耐久は何があるかわからない。決して諦めてはいない。

 

f:id:okamoto_michiharu:20150811221256j:plain

 

この独特なスタート前の時間を噛み締めながら過ごす。4耐はこれで最後かもな・・・全身で覚えておくのだ。

 

そうこうするうちにいよいよスタートの時が近づく。

 

皆が激励の言葉をかけてPITへ帰っていく。

 

やがてコースにはライダーだけが取り残される。

 

ものすごく静かな時間だ。アナウンサーが何かを語っているのだが、それでも静かだ。

 

皆祈るような気持ちに違いない。無事帰ってこられるように・・・

 

 

 

予選は4番手なので、せっかくだからホールショットを狙いたい。と実はずっと考えていた。

 

マシンにはどういうふうに駆け寄ればいいのか?走っていった時にスターターボタンはどこにどういうふうに見えるのか?クラッチは?

 

ありとあらゆることは想定済み。きっとうまく行く。

 

10秒前からカウントが始まる。

 

スタート!

 

スタートと同時に一歩を踏み出す。

 

!!? 私がジャストタイミング過ぎたらしく、一気に飛び出した。

 

一瞬フライングかと思い踏みとどまりかけたが、いやそんなことはないとすぐ思い直す。

 

これでも元陸上短距離の選手なので、ほどほど素早くマシンにたどりつく。

 

セル一発。甲高くマシンが咆哮を上げる!

 

タコメーターの数字は5桁をはるかに超えたあたりまで一気に吹け上がる。

 

クラッチミート! ここまでを一瞬にして終わらせ勢い良く飛び出す。

 

勢いが良すぎて、向こう側の芝生に飛び出しそうになったw

 

すぐさま2速に入れて加速し直す。

 

前にマシンはいない! ホールショットだ。

 

youtu.be

 

せめてダンロップを駆け上がるぐらいまでTOPをキープしたいと思ったがそれは甘かった。

 

さっそくSP忠男のマシンが3コーナーでインに入ってくる。

 

 

 

 

・・・つづく・・・

協賛スポンサー募集中!

個人、法人を問いません。夢を追うおっさん、岡本倫治にご協賛いただける方を募集しています。このブログでは、素人がいかにして恵まれたライダーに立ち向かうかを綴って行きます
2016年度の鈴鹿サンデーロードレース、及び4時間耐久ロードレースへの出場を計画しています。
皆様のご芳志をお寄せいただければ強力なサポートとなります。

個人スポンサー:1口5000円 中口10000円 法人スポンサー:お問い合わせください
ゆうちょ銀行 七〇八支店 普通 1279937 オカモト ミチハル
⇒お問い合わせはこちらから

ご協力いただいた方はお名前(ニックネーム・サイトURLも可) をご紹介させてください。
またステッカー貼り付けやレースレポートの送付も予定しております。

よろしくお願いいたします!