素人バイクレーサー岡本倫治のブログ

40過ぎてサーキット復帰したおっさんです。

協賛スポンサー募集中!

詳細はページ最下部をご覧ください!

2015鈴鹿4時間耐久ロードレース参戦記-6(決勝②)

広告

インに入ってきたのは#75・SP忠男の名越選手。

 

決勝ではしっかり前に出てくるのはさすがだ。

 

しかし問題はその後。#48・モトクラッシュの池田選手、#7・ASTRAのAndi、#83・Coreyに抜かれる。

 

皆殺気立った感じだw

 

おいおい、これじゃトラブルに巻き込まれてもおかしくない。

 

5番手だが、TOPから2秒も離されていないので少し様子を見ることにした。

 

と、その時

 

110Rからヘアピンの進入でカワサキのマシンが自分と池田選手を一気に抜いていく。

 

あまりの速度差に、あ!、ミスして吹っ飛んだ!と勘違いしてしまった。

 

しかしそのマシンは何事もなかったように膨らむこともなくそのままヘアピンを綺麗にトレースしていく。

 

#4の中村選手だ。

 

お見事。もうそれしかない。

 

それなりに経験していくと、相手の技量は一瞬にしてある程度理解可能になるものだが、現状では彼とは勝負にならない。

 

彼と勝負するには、1年間しっかり練習してST600を理解する必要がある。

 

逆に言えば、そこまで走りこめばあのレベルまで行ける。

 

謎の自信と思うかも知れないが、「あそこまで行ける」という見本を見せてもらえたことは大きな収穫だ。

 

皆さんも練習で速い人を見かけたら、ぜひ全力で吸収してみるといいと思う。

youtu.be

 

話が逸れた。

 

その後、遅れをとらないように、しかも乱されそうなリズムを失わないように走り続けると、各ポストで黄旗が出始める。

 

ん?と思いながら走り続けると、突然SC(セーフティーカー)に追いついたTOP集団がスローダウン。

 

危うく追突するところだった!

 

こういう時は全ポストでSCのボードを出すんじゃないのか?

 

危なすぎる!

 

気を取り直してスロー走行しながら、いろいろ考え始める。

 

SCはデグ2から入ったはず。

 

SCのルールを前方を走るライダーたちは理解しているだろうか?

 

・・・おそらく理解していないだろうというのが私の予想。

 

ということは取る作戦はひとつ。

 

タイミング良ければTOPに立てるかもしれないな。

 

デグ2でSCの回転灯が消灯。あと一周の合図だ。

 

次の周のダンロップコーナーで、前車と少し距離をとる。

 

デグ1、デグ2と徐々にスピードを上げていき、デグ2を全力で立ち上がる!

 

案の定、突如としてコースサイドに避けたSCに面食らってTOP集団が糞詰まってる

 

しかし、その糞詰り方がハンパではなく、止まりそうな勢い。

 

これが予想外すぎて、差が詰まりすぎたのが一つの誤算。それから、そこのポストのオフィシャルがSC解除を理解しておらず、グリーンフラッグが振られていない!!これが誤算2。

 

後でペナルティーになるのは勘弁なので、第二チェックポイントがあると思われるポスト前をすぎるのを我慢してからR6に鞭を打った。

 

まだ面食らってる集団をゴボウ抜きして110Rへ。

 

詰まりすぎたせいで後一歩でTOPにはなり損ねたが、2番手でヘアピンへ。

 

作戦成功♪ ま、これも耐久レースの要素の一つだからね♪

youtu.be

 

その後は少しバラけたのか、やや落ち着いた展開。

 

しかし、ジリジリと順位を落とし5番手で安定。

 

ぬう、皆速えぇ・・・

 

20秒台連発しているので、決して楽しているわけではないのだが、徐々に離される。

 

正直悔しくて仕方がない。転ぶわけにはいかないので、ある程度のマージンをとるわけなのだが、このマシンの限界を知らないせいでマージン幅が知らずに大きくなってしまうのだ。このマシンを限界まで攻めてみたいなと、真剣に考えてしまうほど悔しい。

 

そうこうするうちに、またしてもSCが入る。これでこれまでのビハインドが無くなった。

 

ラッキーである。いや、同時に後方との差も失ったので、そうとも言えないかな。

 

今度はコントロールラインでSC解除になったので全車スムーズに再スタート。

 

直後に私達は予定していた周回数でのPIT IN。

 

宮島さんにライダー交代だ

f:id:okamoto_michiharu:20150814220646j:plain

 

 

 

・・・つづく

協賛スポンサー募集中!

個人、法人を問いません。夢を追うおっさん、岡本倫治にご協賛いただける方を募集しています。このブログでは、素人がいかにして恵まれたライダーに立ち向かうかを綴って行きます
2016年度の鈴鹿サンデーロードレース、及び4時間耐久ロードレースへの出場を計画しています。
皆様のご芳志をお寄せいただければ強力なサポートとなります。

個人スポンサー:1口5000円 中口10000円 法人スポンサー:お問い合わせください
ゆうちょ銀行 七〇八支店 普通 1279937 オカモト ミチハル
⇒お問い合わせはこちらから

ご協力いただいた方はお名前(ニックネーム・サイトURLも可) をご紹介させてください。
またステッカー貼り付けやレースレポートの送付も予定しております。

よろしくお願いいたします!