読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素人バイクレーサー岡本倫治のブログ

40過ぎてサーキット復帰したおっさんです。

協賛スポンサー募集中!

詳細はページ最下部をご覧ください!

2015鈴鹿4時間耐久ロードレース参戦記-7(決勝③)

広告

二度目のSC(セーフティーカー)の直後に PIT IN し宮島さんに交代した。

 

予定通りの周回数で交代したのだが、SCが2回入ったことにより、燃費がよくなっているはずだからもう少し走れたはずである。

 

ここで周回数を伸ばすという方法もあるが、給油時間が減るというメリットを選択する方法もあるわけで、私たちは初めから「走り続ける」という選択肢は排除することに決めていた。

 

特に私たちはシフトチェンジパターンが違うので(宮島さんは正シフト、自分は逆シフト)リンク変更をしている分他のチームより時間ロスもある。もちろん猛練習して光の速度で作業しているのだが(笑)

 

この頃になると、どのマシンも燃料が厳しく PIT レーンがあわただしくなってくるため、PIT レーンでの接触や、PIT OUT 直後のペースの遅いマシンなどに注意しなければならない。

 

20周目あたりから25周ぐらいでほとんどのマシンがライダー交代と給油を終える。

 

後で確認してみると、TOPの中村選手は25周まで引っ張った!

 

TOPはそのままキープでPITアウトしていったようだ。

 

2位に#75 !

 

SP忠男の目代選手だ。#75は私がPIT INする前は自分の直後にいたのだが、目代選手は交代直後からかっ飛ばしたに違いない。

 

彼は去年の4耐の最初のスティントで長い間一緒に走ることになったのでよく覚えている。どこでも抜いてくる器用なライダーだった。

 去年一緒に走ったときは、彼の走りが自分の理想的なペースだったのでほぼ同じペースで一定の距離を保って後ろを走り続けた。後ろを走っていてふと近づく瞬間があり、そのままストレートで安全に抜いていくと、すぐさま勝ち急いでいるかのように抜いていく。おそらくミニバイクとかでそうやって育ってきたのだろう。抜かれる度にリズムがくるってしまうので、やや冷静に距離を置いて走ることにしていたのだ。しかし、勝気な感じは正直嫌いではない♪、実際楽しかったのも事実だ。

 

だが、今回は歯車が狂ってしまったようだ。

 

1コーナーで#75が転倒している映像が映し出される。TOPに立った直後の出来事だ。

 

転倒の瞬間をみることができなかったのだが、#4の和田選手となにかあったのかもしれない。

 

これで#75は2年連続TOP走行中の転倒。耐久は難しいね。

 

 

 

 

ふとモニターを見ると#38 宮島さんはなんと2位走行中。実に順調である。

 

去年もそうだったが、第2スティントまでは実に順調でイメージ通りに進んでいる。

 

39周目にじわじわと迫っていた#50の Team能塚にかわされ3位。そのまま42周目にライダー交代の時を迎える。

f:id:okamoto_michiharu:20150827231508j:plain

つづく

 

協賛スポンサー募集中!

個人、法人を問いません。夢を追うおっさん、岡本倫治にご協賛いただける方を募集しています。このブログでは、素人がいかにして恵まれたライダーに立ち向かうかを綴って行きます
2016年度の鈴鹿サンデーロードレース、及び4時間耐久ロードレースへの出場を計画しています。
皆様のご芳志をお寄せいただければ強力なサポートとなります。

個人スポンサー:1口5000円 中口10000円 法人スポンサー:お問い合わせください
ゆうちょ銀行 七〇八支店 普通 1279937 オカモト ミチハル
⇒お問い合わせはこちらから

ご協力いただいた方はお名前(ニックネーム・サイトURLも可) をご紹介させてください。
またステッカー貼り付けやレースレポートの送付も予定しております。

よろしくお願いいたします!