素人バイクレーサー岡本倫治のブログ

40過ぎてサーキット復帰したおっさんです。

2015-NGK杯に向けて

広告

週末はなんとか天気に恵まれそうです。

 

サーキットからの情報は口コミで駆け巡り、ウソやどうでもいい情報も含めていろいろと広まります。

 

どれが必要でどれが必要でないか、判断が必要な場面もありますし、あるいはその情報に左右されすぎてもいけません。

 

今回のライバルは思ったよりも強力なようです。

 

本人には、「600と同じように走ればストレート2本で一秒ずつ速いから12秒台出るでしょ」って言ったのだが、それが良くなかったのかな(笑)

 

私の前の記事で書いたタイムがそのまま出たようです。もちろん非公式ながらレコードタイム

 

本番で出ると思っていたが練習で出してきたか!

 

さて、ここで諦める理由はありませんし根拠もありません。

 

今の私のタイムからさらに3秒です。

 

彼のマシンはエンジンノーマルとのことですが、整備も行き届いたキットマシン。ストレートで後ろを走る機会が一回ありましたが、あの伸びは「純粋な」ノーマルでは絶対出せません。最高速も297km/hとか(笑)

 

対して私のR1000はかねてから言っているように、正真正銘のノーマルマシン。

 

ホイールからブレーキディスク・パッド、ハーネスもECUもマスターも。マフラーはスリップオン。パワー測定したら160,6馬力でした。おそらく街乗りでカスタムしてる方のバイクの方が速いのではないだろうか?

 

最高速は270km/h・・・最高速が20km/h以上違えばストレートで瞬殺です。勝負になりません。

 

まだ結論は迷っていますが、先日借りたマシンをNGKで走らせるかもしれません。

 

足回りのセットをどれだけ詰められるかと、短い時間での順応性が試されます。

 

エンジンパワーはこちらがやや上でしょう。しかし、走りこみ量の圧倒的な差を埋めるハンデとして勝手に認定させていただきますw

 

ストレートで1秒×2本+がんばり(priceless)=3秒

 

これで対等です。