素人バイクレーサー岡本倫治のブログ

40過ぎてサーキット復帰したおっさんです。

鈴鹿4時間耐久ロードレース ST600 予選

広告

このレースが終了してからずいぶんと時間が経ちますが、ようやく、しかも無理やりですが報告できそうです。

 

ここ数年ほど妙に忙しくしているので、ブログもかなり滞っていますね。記事ネタが全くないわけではなく、むしろたくさんありすぎるぐらいなのですが、アウトプットよりもインプットの方が有意義で楽しい最近なのです。

 

引き出しはかなり増えましたので、今後をお楽しみに!

 

さて本題です。

 

本年度はKIT Racing に所属しST600クラスに参戦していましたが、4時間耐久はST600Rの松谷選手と組んでクラス3連覇を目指すことになったということは以前にお伝えした通りです。

 

マシンにはそこそこ慣れましたが、まだまだ本調子ではありません。

 

ここで正直に言うと、大腿骨頚部に入っているボルトがまだ抜けていないせいで、かなりメンタルに影響があるようです。

 

現状で、もし同じところを強打すると、粉砕骨折し私の股関節は人工関節になってしまうことでしょう。かなりメンタルをコントロールしているつもりでしたが、身体を完全に騙すことは難しいようです。どうしても最後の最後でセーブしてしまうようです。

自分では行けると思っていましたが、こういうのは本当に難しい!

 

マシンセッティングは自分が乗っているマシンと違うのですが、こちらの方がいいのかな・・・かなり高い気温のせいでストレートが伸びませんが、ややショートに振ったセッティングがちょうどよいです。

 

ブレーキパッドとプレートが変更されているせいかやはり効きます。止まりすぎてしまうため奥まで突っ込むかゆるやかにかけるかしないとリズムが狂います。

 

そんなわけで、予選があまり得意でない松谷選手と本調子でない自分の合計タイムで予選は20番手でした。

 

まぁ耐久だし、1周目で10番手ぐらいまで取り戻せばいいかな・・・

去年はホールショットでしたが、同じようなスタートが切れればそのぐらい行けるでしょう!

 

 

 

さてそれよりも気になるのはクルーです。

チーム内のごたごたにより、レースの前週に急きょ招集された9名ほどのクルーの半分以上はそもそもライセンスを持ってなかったりで、仮ライセンス発行などでよく対応してくれました!時間もないのでLINEでグループを作り、作業内容の伝達などをしていきます。そもそもスプリントの手伝いも未経験だったりの人もいた中でよくついてきてくれました。

 

前の日に伝達した内容の確認をしながら実作業の練習を繰り返します。しかもスケジュールの合間に。

 

当日の朝合流もしくは前日の夜遅くに合流のメンバーがほとんどなので、主要な個所は朝から来られるクルーに担当してもらうことになりました。

 

かなり短い時間でしたが、いい仕上がりになったと思います!

 

あとは松谷選手と合間に本番の注意点とシミュレーションを繰り返します。これはウィークまでに伝えたことの再確認です。

 

夜遅くまで準備して翌朝早い!これが4時間耐久です